企業理念

let’s delivery new surprise

届けよう
新たなサプライズ

企業方針
思考指針
行動指針
SO inc.の仕事力
代表の挨拶
株主

about us

企業方針

  1. ひとりから、ひとつの世界をわたしたちの力でつくろう
  2. 時の変化に対応できる、柔軟な思考を持ち続けよう
  3. 真心を込めて、今できる最高の仕事で社会に貢献をしよう
  4. 未来の自分を描き、知的好奇心をいつまでも持ち続けよう

思考指針

  1. 正しさより優しさ
  2. 反省と改善
  3. 言葉以上に実行
  4. 尊重して主体
  5. 当たり前は存在しない、いつもいつでもありがとう

行動指針

  1. 過去のことに固執せず、未来の為に今を最大限に生かそう。
  2. 常に真実を語ろう。悪い知らせほど早く報告をしよう。
  3. いつも誠実でいよう。疑問があれば、すぐ仲間に聞くこと。
  4. 良いセールスパーソンではなく、良いビジネスパーソンになることを意識しよう。
  5. 汚したものや壊れたものは、みんなで拭いてみんなで直そう。
  6. あらゆる角度から顧客の本質を理解しようとするプロでいよう。
  7. 価格で勝負をしない。価値で勝負をする。
  8. 相手の声をしっかりと聞こう。理解を得る為に傾聴は大切な鍵だ。
  9. 相手とは常にWin-Winの関係を作ろう。
  10. お互いに気を配ろう。常に情報を共有することを強く意識しよう。
  11. 厳しい局面程、難しく考えすぎないようにしよう。スタートとゴールは必ずある。
  12. 何を伝えたいのか、どのように伝えたいのか一人でも多くの方々に幸せを届けよう。
  13. 今を最高に楽しもう。
  14. わたしたちの人生は絶対に素晴らしい。

SO inc.の仕事力

コーポレート・グラフィック・マニュアル

株式会社そう

わたしたち【株式会社そう】は、
①システムを導入するにあたった必要な概念
②利便性を追求した機器選定とその開発
③システム導入することによる費用対効果など、

お客様の要望を繊細にくみ取ったうえで、経済的・技術的プランと技術的根拠でSystem&Organizerします。

シンボルマークにはSの文字の動線(エネルギーの流れ)を表現。お客様が求める熱い想いをシステムを使って方向性を決めるという意思を表しています。

挨拶

2020年コロナ化において経済が停滞する
厳しい時代に入りました。
しかしながら、3蜜を避ける遊びのひとつとして
再びゴルフが脚光を浴びたことで、
今わたしたちは成長する機会を与えてもらえました。

しかし、およそ30年程前、バブルの崩壊と共に
ゴルフ場のメンバーシップ制における経営は厳しさを増し
ゴルフ産業全体として負の遺産を抱えながら時が経過しました。

現在のゴルフ産業は団塊の世代と新たな世代との交代が始まる
過渡期であることに加え
今までゴルフ産業の中心を担ってきた富裕層の主導で形成されていたことから
産業構造が異議素であることも考えられます。
また、多様性を求められている昨今
産業においてイノベーションが必要な時期であることも考えられます。

ゴルフを始める前のみなさまにとってゴルフは、
敷居の高いスポーツといった認識が未だに根強くありますが、
アメリカやオーストラリアといった海外では
ゴルフがコミュニケーションツールとして、身近な存在となっています。

高級志向であり礼儀を重んじる伝統的なスポーツとして
大切にすることを前提に、わたしたちは【手軽さ】【気軽さ】【居心地】
の環境を地域で構築することで新しい世代のプレーヤーが
ゴルフというスポーツの継続性を高める為にも
カジュアルな要素を取り入れ身近なスポーツであることも必要だと思っています。>

あらゆるレベルのプレーヤーにとって
株式会社そうは身近な存在であり続け、プレーヤーが求める課題に対して
ひとつひとつ真剣に向き合っていきたいと思います。

そしてみなさまがゴルフというゲームを通して
プレーヤーであり一人の人間として成長し続ける
新しいサービスや環境をこれからも提供し続けたいと思います。

株主

澤 昌克 1983/1/12(FW/MF

2007年 ペルーリーグ最優秀外国人選手賞を受賞。 同年12月に、ペルーサッカー協会から正式にペルー代表入りを打診されたが 日本国籍喪失を憂慮し、このオファーを拒否している。

2010年 柏レイソルではJ2優勝 翌年J1優勝後、天皇杯・ナビスコ杯優勝の立役者として国内3大タイトルの獲得に導いた。 柏レイソル黄金期を支え活躍した選手として日本のサポーターから今尚愛されている。 南米クラブ最高峰の国際大会コパ・リベルタドーレス杯・コパ・スダメリカーナ杯にて 日本人で唯一両大会に出場し得点した選手。2017.5/5時点

経歴

  • 1998年-2000年 中央学院高等学校(千葉県)
  • 2002年-2004年 CAリーベル・プレート下部組織

プロ契約

  • 2005年 スポルディング・クリスタル
  • 2006年 コロネル・ボログネシ
  • 2007年 デポリティーボ・ムニシパル
  • 2008年-2008年7月シエンシアーノ
  • 2008年8月-2013年柏レイソル
  • 2014年~2017年デポリティーボ・ムニシパル
  • 2018年 柏レイソル
  • 2019年 ウニオン・ウアラル
  • 2020年 デポリティーボ・ムニシパル

タイトル・個人タイトル

  • 2005年 スポルディング・クリスタル リーグ優勝
  • 2006年 コロネル・ボログネシ スダメリカーナ杯出場1得点 2007年 デポリティーボ・ムニシパル 最優秀外国人賞(個人) 2008年-2008年7月シエンシアーノ リベルタドーレス杯出場1得点 2008年8月-2013年柏レイソル
  • 2010年 J2優勝
  • 2011年 J1優勝 FIFA CW 4位
  • 2012年 天皇杯優勝
  • 2013年 ナビスコ杯優勝(現ルヴァンカップ) 日本国内
  • 2014年 スダメリカーナ出場